【レトルトラーメン道】#10 おしるこラーメン

レトルトラーメン道

あずき

週末の金曜日はだいたい夜更かしするんですよ。で、土曜日は起きるのがいつも昼過ぎになるんですね。

だから、毎回寝起きでラーメンを食べているんだ。と思ってください。例えそれがおしるこラーメンであってもだ!

こゆきです。こんにちわ。

スポンサーリンク

今回でなんと記念すべき10品目です!初期の頃は土日の2回で更新していたので、厳密に10週連続というわけではないですが、よくもまぁこんなに毎週ラーメンばっかり食べてるなぁと。

で、そんな記念すべき10品目に選んだのがこれ!おしるこラーメンです!

最近ね。ちょっと、置きにいってる感があったように思うので、ここらで一発でかい花火あげてやろうと!どかーんと!

そんなわけでおしるこラーメンです。ぐだぐだ言ってもしょうがないのでとりあえず作っていきますか!

麺を選ぶ


サッポロ一番しょうゆ味
今回も登場

今回大きく悩んだのは『ラーメンの具としておしるこを入れるのか『おしるこの具としてラーメンを入れるのか』という事。

同じじゃないか。と思うかもしれませんが、全然違います。完成したしょうゆラーメンの中におしるこをぶち込むのと、完成したおしるこの中に麺を入れるのとでは、味にとんでもない差があるはずです。

で、今回は『おしるこの中に麺を入れる』スタイルを選びました。しょうゆラーメンの汁の中におしるこをぶち込むのは心が拒否しました。

麺については特に言う事もありません。なんでもよかった。反省はしていない。とりあえず、汁を入れて脂が浮くのが嫌だったので麺のみ使用。茹でたあとよく水で洗って使いました。

具を選ぶ

あずき
なぜかレトルトではない

レトルトのおしるこなんていくらでも売ってるんですが、せっかくの記念だからあずき缶から自分で作ってみようかと思いました。おしるこを。

一応、行き当たりばったりで決めたわけではなくて先に作り方を調べてから自作を決意しました。作り方はとっても簡単。

使う容量のあずきを、だいたい同じくらいかちょい少なめの水で鍋で煮る。以上。レトルトと変わりません。
そして今回、さらに具を用意しました。

しるこ具
具だくさん。おかしいのは、レトルトではないという事だけ。

今回具としてチョイスしましたのは、切り餅、煮玉子、チャーシュー、メンマ。以上の4点です。

本当は切り餅じゃなくて白玉が良かったのですが、売ってなかったので。缶詰とかレトルトで売ってるイメージがあったのに、いざ買おうと思うと売ってませんでした。

で、それ以外の3点はまぁよく見るラーメンの具ですよね。汁がおしるこでなければ王道中の王道ですよね。おしるこでなければ。

これから味わう苦難の道のりの中で、せめてもの救いになれば。と思いベタな具を選びました。もしかすると悪い方にかたむくかもしれませんが。

では実際に作ってみましょうか!

理想と現実

おしるこ

美味しそうですよね~。でも7月のくそ暑い日に食べる物ではないかなぁと思いますが。

 

おしるこラーメンの作り方を紹介!

ではレシピ!

用意する材料

・さっぽろ一番しょうゆラーメン
・ゆであずき缶

調理手順

・麺だけとりだして茹でる。
・あずき缶を鍋に入れ、200ccの水で茹でる。アクを取ったり好みで塩を振ったりする。
・沸騰したら、切り餅を入れ火を弱めて3分くらい煮る。この辺はお好みで。
・合体
・チャーシュー、煮玉子、メンマを入れる。

以上!おしるこの作り方が微妙に雑なのは、ネットで調べてもはっきりよくわからなかったからだ!不安な人はレトルトでもいいし、ちょっと自作してみたい方はなんとなくこれを参考に。

鍋で煮ると、なんか見た目ずっとシャバシャバでとろみが無いから失敗かな?と思うんですが、味見してみたらビックリするくらいおしるこで衝撃でした。

そして完成品がこちら!

おしるこラーメン
美味しそう!(汁が無ければ)

これまでのレトルトラーメン道史上最高に見た目がラーメンぽい!大事なのは具だったんだ!!

なんかこう、ちょっと変わったラーメンとして出されても受け入れられそうな見た目でしょう?こう、パっと見だまされそうというかなんというか・・・。

これなら、ひょっとすると美味しいかもしれません。なにより具がいい。ビジュアル的には過去最高なので、これはもしや大番狂わせで期待できるかも!

しるこ2

お箸でちょっとすくったらこんな感じ。このまま料理雑誌の表紙を飾ってもおかしくない!

では、食べてみましょうか!


美味いわけないやろ!!

感想

マズイ。想像してた以上にマズイ。

杏仁ラーメンの時にも思ったんですが、とにかくこの『すすって食べる』という事との相性の悪さ。

あと、中華麺は何か目に見えないコーティングを感じるんですよ。何言ってるのかよくわからないかもしれませんが、何か極薄の膜が麺に張ってるイメージ。

麺とおしることの間に、何か極薄の膜があって、その違和感がマズさを際立てるんです。一体感が全然無いんです。

麺のコシとおしるこの甘みが同時に口に広がり、すする事によって勢いよく口の中に広がるんですが、その膜感のおかげで麺とおしるこがそれそれ別々に味を主張するんです。これがマズイ。

気になる具の方ですが、これは実は案外と悪くありませんでした。

本当はここに具としての悪い事もたくさん書きたかったのに、特に悪く無かった。マヒしていたのかもしれない。

切り餅は美味しい。煮玉子も別に悪くない。メンマは、中にダシが染みてたので噛むとラーメンの味がするんですが、これがその甘みとの緩急でそんなに悪くないんですよね。麺と一緒に食べればなおよし。

チャーシューも、薄かったからかそもそもおしるこ味が全然染みず、ただのチャーシューだったので美味しかったです。脂分が表面にあると味の乗りが悪いのかもしれない。

今回最大にダメだった具は小豆。とにかく重い。まんが飯のよもぎ大福パンの時にも思ったのですが、あんこ系の重量感はかなりきつい。

おしるこを茶碗一杯分だけ食べても結構お腹にたまるんですが、今回はそれに麺と具をプラスしたわけで凄い重量感。

しかも後を引くというか、食べ終わってからズンと来るんですよ。満腹感。

そんなわけで、記念すべき10品目はおしるこラーメンでした。作り方は凄く簡単なのに全然美味しくないので、ぜひみなさんも1度これからのお盆休みに親戚一同の集まりでの罰ゲームに!

おしるこラーメンのまとめ!

レトルトラーメン道10品目

作った物:おしるこラーメン

味の評価:30点

これでも杏仁よりはマシ。


PAGE TOP