【レトルトラーメン道】#27 さっぽろ一番みそラーメン+濃厚コーンポタージュ

レトルトラーメン道

俺、これ書き終わったら忘年会行くんだ・・・。

今日は夕方から忘年会です。鶏料理屋です。飲み放題プランで。さぁアホほど飲むぜ!パーっとしてくるぜ!

で、次の日の朝とんでもなく後悔するわけですが、それもまた一興。

レトルトラーメン道です。みなさんこんにちわ。

スポンサーリンク

いやぁ~それにしても本当に寒くなってきましたよね。エアコンの暖房をつけると暑いし切ると寒いで、寝てても何回も起きてしまう今日このごろ。

そんな寒い日は、特別なスープが飲みたいですよね。あったかいから。

『あったかいんだからぁ~。』は思い出せたのに、その前のフレーズがどうしても思い出せなくてググりました。クマムシ。

さ、そんなわけで、今日ラーメンとコラボするのはコーンポタージュです!いいでしょう?スープもラーメンも一緒に食べれて超お得!

・・・アホやと思っているでしょう?果たして、それはどうかな?食べた事ないでしょう?

では作っていきましょう。

麺を選ぶ

コーンポタージュに合うラーメンとか言われても、そんなもん知らねぇよ!としかいいようがなかったので、俺の中の『クリーミーな物=みそラーメン』という謎の公式により決定。

なんかほら。バターとか入れるイメージあるじゃない?乳製品に一番合うのかな。って。

具を選ぶ

ラーメンとは全然関係無い話なんですが、これまでも色々な食材やらなんやらの写真を撮ってきましたが、最近風のましゅーblogというブログで紹介で紹介されてた『卓上スタジオ』がちょっと欲しい。(リンクは該当記事のシリーズの最初の記事に飛びます)

どうもスマホの撮影機能はダメだ。撮る腕もダメだ。影で暗いか変に光ってるかばっかりだし。

で、今回のコンポタです。濃厚です。どうせなら、濃い方が美味しいだろうと思って選びました。

では作っていきましょう。

コンポタみそラーメンの作り方を紹介!

ではレシピ!

用意する材料

・さっぽろ一番みそラーメン
・じっくりコトコト 濃厚コーンポタージュ

調理手順

・400ccのお湯でみそラーメンを作る
・コーンポタージュを1袋入れる。

以上!完成です!

完成品がこちら!

バーーーーン!なんかもうこの見た目しかないのか!というくらい同じ見た目ばっかり。最近器を変えました。気分転換に。ダイソーで100円。プラ製のペラッペラな器ですが、いい雰囲気だったので買ってみました。

さぁ。前人未到のコンポタみそラーメン。どんなお味がするのでしょうか?

それでは食べてみましょう。

 

美味しい>美味しくない>マズイ という順番で、美味しくない。くらいの味。

 

感想

しょっぱい。

な~んですかねこれ!しょっぱいんですよとにかく!みそでも無い、コンポタでも無い、俺たちだけの不思議ラーメン。

俺が最初に想像してた、あったかクリーミーなほんわか濃厚ラーメンではない。そんな優しい味ではありません。長期的に摂取すれば、やがて腎臓を中心に殺しにくる味です。

作ってから気づいたんですが、そもそもコンポタは無味なお湯で作る事を前提に作られてますから、それをみそラーメンのスープで溶いて食べようだなんてアホ丸出しもいいとこだ。

双方の長所を見事に潰しあって、でも過剰にマズイというわけでもなくギリギリ食べられる味(褒めていない)でした。

なんか・・・。でも・・・。俺、今回は結構意外と美味しいラーメンが出来る自信があったのになぁ・・・。

ただまぁ、マズいラーメンを作った時の方が感想に書く言葉がスラスラ出てくるのはいいですね。

俺はよくないですが。

 

コンポタみそラーメンのまとめ!

レトルトラーメン道27品目

作った物:さっぽろ一番みそラーメン+濃厚コーンポタージュ

味の評価:45点

久しぶりにハッキリ美味しくないラーメンを食べました。では今日は夕方から美味しい料理を食べに忘年会に行こうと思います!楽しみ!

 

番外編

 

実は、今回掲載したラーメンは2回目に作った物です。1回目に試作型というか、プロトタイプが存在します。

何が違うかと言いますと、上記のコンポタラーメンは

『400ccのみそラーメンに対してコンポタ1袋』

という分量で作ったのですが、最初に作ったのは

『400ccのみそラーメンに対してコンポタ2袋』だったのです。

なぜなら、コンポタの作り方に

『150mlのお湯に対して1袋』とあったので、じゃあ2袋入れないと分量おかしいじゃん!と思ったためです。

そして、どうしてそれを掲載しなかったのか?には理由があります。

それは、とんでもない物体が完成したから。です。

まず1袋目を入れた段階では、特におかしい点は無かったんですよ。でも、2袋目を入れた瞬間。

粉末にスープが凄い勢いで吸われていきました。ほんとにあっという間ですよ。

それまでシャバシャバだった鍋の中身が、一気にトロトロを通り越して強い粘度を持った何かに生まれ変わっていくんです。その恐怖たるや。

鍋のフチにドロドロのコンポタの残骸がこびりついて、慌てて混ぜるんですが鍋の中心に向かって麺が固まっていくんですよ。

で、せっかくだから器に入れました。それがこちら。

画像では伝わりにくいかもしれませんが、麺は箸で持つとまとまって取れます。ネチョネチョ。

ちなみに、全部食べました。

感想は、とにかく辛い。塩です。

みなさんも、コンポタラーメンを作る時には1袋を厳守しましょう!!

 


PAGE TOP