おすすめアンテナ

【レトルトラーメン道】#14 しょうゆラーメン+黒毛和牛のビーフカレー

レトルトラーメン道

黒毛和牛カレー

ラーメン道のメニューはクックパッドでも一部公開しています。これが思いのほか人気で、毎日そこそこのアクセスがあります。

じゃあもっと!と思って登録した水ままは、驚くほど人気がありません。やはり場所によって求める物が変わりますね。

レトルトラーメン道です。みなさんこんばんわ。

スポンサーリンク

ちょっと昨日くらいから色々と忙しくて、これまでと微妙に更新時間が変わっていますが明日からは通常通りになる予定です。あくまで予定ですが。

クックパッドに公開する時は、まず完成品の画像が来るように投稿するんですが、そうするとレシピ一覧の見た目が悲しいくらいに全部同じなんですよね。

もうびっくりしますよ。ちょっとお皿の角度が違うのと、スープの色がちょっとだけ違うだけで、ほぼ同じラーメンが何個も並んでいます。でも人気。

みんなジャンクが好きなのか。では作っていきましょう。

麺を選ぶ


サッポロ一番しょうゆ味

今回久しぶりの登場になるような気がするしょうゆラーメンです。まぁサムネを見た人の気持ちとしては、麺なんかどうでもいいよ!具の話をしてくれよ!という感じだと思うので、麺の話はこれで終わり。

言う事もない。

 

具を選ぶ

黒毛和牛カレー

やはりね。時代は高級志向なんじゃないか。と思いまして。もうそろそろ俺もいい歳だし、安い物を大量に食べるんじゃなくて高い物を少し食べる生活に移行する時期が来たんじゃないかと思いまして。

ただのレトルトじゃございません。私の取り扱う品物はラーメンの具。インスタントラーメンの具でございます。

レトルトというには高いけど、黒毛和牛というには安い、絶妙な値段設定のコチラのカレーはなんと500円!コンビニに売ってました。ファミマに売ってました。

さぁて。どんなお味になりますことやら。

理想と現実


(c) .foto project

もうちょっと腹立つくらいにビーフカレーの画像がありませんでした。特に誰も楽しみにしてないと思うので、やめようかな。

ある日突然ここの欄がなくなったら、心が折れたんだな。と思ってください。

 

黒毛和牛ビーフカレーラーメンの作り方を紹介!

ではレシピ!

用意する材料

・サッポロ一番醤油ラーメン
・三田家総本家 黒毛和牛のビーフカレー

調理手順

・ラーメンを300ccのお湯で作る
・袋の記載を守り、黒毛和牛のビーフカレーを作る
・合体

以上!

今回も、最初にたっぷりのお湯で茹でてからスープを300ccで作りました。

相変わらずレトルトラーメンは簡単でいいですねぇ。

完成品がこちら!

黒毛和牛醤油ラーメン

バーーーン!!!

まぁ、いつものあの見た目ですよね。やっぱり具特化型のレトルトでないとビジュアルのパンチ力はありません。

実は昔に作ったやつの使いまわしの画像だったとしても、誰も気付かないであろうという自信があります。

今回は、問題は見た目じゃありません。味よ味!では食べてみましょう!

 

普通。

 

感想

なんですかねぇ~~これ!個人的には、過去最高にやらかした感がありました。

もうね。ビックリするくらい普通。the カレーラーメン。それ以上でもそれ以下でもありません。

麺も含めて600円するカレーラーメンと思えないくらい、インスタントカレーラーメン。しいていえば具が多めのビーフカレーだという事と、マッシュルーム入っててちょっと高級感あったくらいです。

300ccが多かったのかもしれません。もうむしろスープいらなかったのかもしれません。しょうゆラーメンと絶妙なマッチングで最高の味に!とか思ってた食べる前の自分が恥ずかしい。

そもそも、これまでのカレーがグリーンカレーにマサマンカレーなので、インパクト的な期待値が上がりすぎたのかもしれません。

これぞ王道!というほどでもなく、まぁカレーラーメンてこんな感じだよね。という絶妙なガッカリ感でした。

こんな評価では申し訳ないので、いつか単品でカレーとして食べてみたいと思います。

黒毛和牛ビーフカレーラーメンのまとめ!

レトルトラーメン道14品目

作った物:サッポロ一番醤油ラーメン+三田家総本舗 黒毛和牛のビーフカレー

味の評価:70点

次回は、『レトルトラーメン』の枠から少しはみ出る、ちょっとイロモノラーメンに挑戦してみようと思います。お楽しみに!

 


PAGE TOP